タギング支援ツール

GDAで考えているようなタギングを支援するツールは、すでに結構たくさん作 られています。一応電総研でも日本語用と英語用のツールを新たに作ろうとは していますが、既存のツールがフリーで使えるならその方が簡単です。

特に、商用の機械翻訳システムの中にも前編集として何らかのタグを付けるよ うなものがあると思います。そのためのタギング支援ツールをNetscapeみたい にタダで配る(後でもっといい版を売る)というようなことはできないものでしょ うか。

応用の話にも関係しますが、その際のふれ込みは、たとえば、タグを特定の言語への 翻訳だけでなく他のいろんな言語への翻訳や情報検索にも使うとか、それでイ ントラネットを構造化することによって企業を情報武装するとかいう話になる と思います。当然、タグを前提にした翻訳システムとか検索システムも同時に 配ったり売ったりするわけです。タグを普及させるためのお試し版オンライン 翻訳サービスなども考えられます。一粒で何度でもおいしいという話ですから、 たとえタグの標準がいきなり世界中に広まらなくても、社内だけとか、または WWW上で翻訳付きで情報発信するとかいう使い方もできるわけで、ユーザのメ リットは確保できそうです。